FC2ブログ

 

naga.note
下町向島を拠点に活動している長久保健二設計事務所のブログです。
http://naganote.blog.fc2.com/

 

2F床の配筋工事。

DSCN1282_convert_20130624215901.jpg

周囲を建物に囲まれている敷地で視界が抜けているここをテラスにします。

DSCN1276_convert_20130624215924.jpg
 
スポンサーサイト



型枠工事中の現場ですが階段踊り場には模型のような窓がつきます。
窓の外に置いたゼラニウウムやロ-ズマリ-が
玄関に入った時に見えるように考えています。

DSCN1256_convert_20130617100232.jpg

DSCN1268_convert_20130617100249.jpg
 
なんとかユ-ロスペ-スでの上映に間に合いました。
いつの間にか桜丘から円山町に移っていて以前の映画館の前の坂が好きでしたが、
今度の猥雑な周囲もおもしろいです。いがいと渋谷の街の表情は好きなのかも知れません。

レオス・カラックス13年ぶりの作品は、1人の男が案内された場所で他人の人生になりきる仕事をする、
という話。
大富豪、物乞い、モデルをさらい地下下水へ逃げる変人、殺人者、殺した相手に殺される犠牲者、
最後の時を迎える老人etc。
この仕事にはクライアントがいてその行為を見ているらしい。
自分の人生を他人に演じてもらい、その願望や欲求を叶えているのか。
途中で会った同業の昔の恋人が‘who are we’と歌い自分に問う。
多分他人の人生を演じている方はたまらないのだろう。
結局、彼女は自殺してしまう。
最後の仕事を終えて帰宅するが多分それも仕事だろう。
彼にとっての人生とは何なのだろうか?
他人になりきるという設定と主人公のドニ・ラヴァンの‘なりきる姿’がすばらしかった。
ポンヌフの恋人での彼も好きだけど。

DSCN1247_convert_20130601142739.jpg
 

k.nagakubo

Author:k.nagakubo
FC2ブログへようこそ!

未分類 (11)
展示会 (30)
映画 (9)
音楽 (8)
モノ (2)
本 (6)
ozone (5)
メディア (4)
football (3)
建築 (7)
project (51)
旅 (8)
植物 (8)
美術 (1)
相談会 (7)
ワ-クショップ (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2013 naga.note, all rights reserved.